SSブログ
69.須恵器の型式をAIで判定する ブログトップ

69-1.須恵器の型式の判定基準はイメージ? [69.須恵器の型式をAIで判定する]

古墳の築造年代を決定する指標は、一に円筒埴輪型式、二に須恵器の型式である。円筒埴輪(含む朝顔形円筒埴輪)の型式はⅠ期~Ⅴ期の5型式に分類され、古墳時代の前期から後期までを網羅している。この円筒埴輪の型式は1980年代に30歳代の川西宏幸氏によって構築されたものである。川西氏はその特徴を、焼成(有黒班・無黒班)、2次表面仕上げ(A種ヨコハケ・B種ヨコハケ・ナシ)、底部調整、突帯(突出・台形・山形)、スカシ穴形状(△・▽・□・○)、突帯間のスカシ穴数(3個以上、2個)に分類した。この型式の分類は簡単明瞭で考古学のプロでなくても容易に判定出来る。

 

須恵器の型式は、窯跡の出土資料により型式が決められ編年されている。窯の出土資料を型式に採り入れたのは森浩一氏であった。堺市・和泉市にまたがる泉北丘陵には須恵器の窯跡が多数発見され、陶邑窯跡群と呼ばれている。田辺昭三氏は泉北丘陵で初めに開発された陶邑窯跡群の東半の高蔵(TK)・陶器山(MT)地域の窯跡から出土した須恵器の編年を行い、古墳時代に限ってみればⅠ期(5型式:TK73TK47)・Ⅱ期(5型式:MT15TK209)に分類している。中村浩氏はその後に開発された陶邑窯跡群の西半の栂(TG)・大野(ON)・光明池(KM)地区から出土した須恵器を加えて、古墳時代に限ってみればⅠ型式(5段階)、Ⅱ型式(6段階)に編年している。ただ、古墳の遺物としての須恵器の型式は、1983年に発表された田辺昭三氏の編年に基づいて表記されている場合が多い。

 

これら陶邑須恵器編年について植田隆司氏は、「古墳時代須恵器編年の限界と展望」(2008)の中で、「従前の陶邑須恵器編年を、古墳時代中期・後期資料の時期を判断する時間尺として活用する場合、現時点においては、次の2つの問題が内在している。1点めは各型式の実年代比定の問題である。古墳の築造年を推定する際に、研究者によって須恵器の特定の型式に想定する実年代が大きく異なり、研究上の障害になりつつある。2点めは、研究者間において須恵器編年(型式同定)観が概ね等しく共有されていないことである。田辺編年を用いて特定資料の型式を同定する場合、各人が標式として念頭に置く基準資料のイメージと照らし合わせることになるが、この概念的な基準資料のイメージが研究者によって大なり小なり異なっている。このため、ある研究者がTK43型式と判断する杯身は、他の研究者にはTK209型式と判断されてしまう事態も発生する。」と述べている。

 

Z362.須恵器の型式編年.png植田氏が指摘する1点めの実年代については、私は全国の前方後円墳(6305基、含む前方後方墳)のなかから、須恵器の型式が明らかにされている216基の古墳について、古墳の遺構・遺物の関係を調べ、須恵器の年代を10年単位で割り出した(表Z362)。しかし、2点めの須恵器型式の同定については、その判定基準が私にはブラックボックスで、手におえるものではない。須恵器型式の同定は研究者個人の標式として念頭に置く基準資料のイメージと照らし合わせて行われているようだ。現在、AI(人工知能)での画像処理はめざましく発展しており、顔認識システムが犯罪捜査で威力を発揮している。須恵器型式の同定もイメージからAIで画像処理する時代になるのではないかと考える。それに先駆け、須恵器の型式をAIで判定することに挑戦してみたい。

 

**********************************************************************************************

Z362.電子書籍.jpgこの度、アマゾンから電子書籍(Kindle)で『日本書紀の編年を解く 邪馬台国と大和王権』を出版しました。

倭国の誕生を解く

邪馬台国を解く

神代の世界を解く

磐余彦尊の東征を解く

『日本書紀』の編年を解く

「縮900年表」が歴史を解く

御一読頂ければ幸いです。なお、電子書籍の買い方、読み方については、

出版社の「22世紀アート」のホームページに詳しく載っております。


nice!(2)  コメント(0) 

69-2.須恵器の形態変遷は曲線で表せる [69.須恵器の型式をAIで判定する]

須恵器の形態の変遷について私が知っていることと言えば、坏身(つきみ)の立上りは時代と共に低くなる。はそうの頸の長さと高坏(たかつき)の脚の長さは時代と共に長くなることくらいである。これらの形態の変遷がどう変化しているかを散布図に表わすことから始めた。これらのデータは、『和泉陶邑窯出土須恵器の型式編年』(中村浩著)と『古墳出土須恵器集成 第1巻』(中村浩編)の大阪府・和歌山県から須恵器の図面を抽出し、パソコンのペイントにコピーして須恵器の各部分の座標を読んで数値化した。なお、はそうにかぎってはデータが少ないので、『古墳時代の研究 土師器と須恵器』にある岡山・広島からデータを追加し抽出した。

 

坏身の立上りの型式別形態変化は“立上り/器高(KH/CH)”、はそうの頸の長さの変化は“頸長/胴長(ND/BH)”、無蓋高坏の脚の長さの変化は“坏部長/脚長(CH/LH)”で縦軸に、横軸は“編年No(Hen-No)”で表し、散布図(Z363)に示した。どの図を見ても同じ型式内でのバラツキが大きく、その型式の前後と重なりあっている部分が多い。しかし、大きく見れば夫々の形態は“うねり”のような変化をおこしていることが分かる。この形態変化の変遷の“うねり”を曲線にしてあらわせば、須恵器研究のプロでなくても須恵器の型式を判定することが出来るようになると思われる。

 

散布図のデータを統計的に処理し、回帰曲線(中心的な分布傾向を表す曲線)を導きだすことは、Python(パイソン)と言うAIなどを作るプログラムで可能である。これまでも「67-9.古墳の編年の年代観は正しいか?」で、日本列島の主要な古墳の編年を行った51名の考古学者の年代観を知るために、回帰直線を導き出した。ただ、今回は直線でなく、曲線であることが難しい所である。

Z363.須恵器の形態変遷.png

 

Pythonを勉強していると、機械学習という分野でガウス関数を使用すれば、散布図のデータから回帰曲線を導きだすことが分かった。ガウス関数という内容は良く分からないが、須恵器の形態変化を示す“うねり”の回帰曲線を導きだすことが出来ることは分かった。そして、標準偏差(シグマ、σ、SD)も算出されることから、中心曲線から±1σの曲線を描けば、異常値等を取り除いたデータの68%を包含する曲線を描くことが出来た。散布図のデータをpythonのガウス関数のプログラムに取り込み、須恵器の型式別形態ガウス曲線を描き図Z364に示した。赤が中心の曲線で緑が±1σの曲線である。これで、須恵器の型式による形態変化を曲線の帯として表せることが出来た。

Z364.須恵器の形態ガウス曲線.png

nice!(2)  コメント(0) 

69-3.AIによる坏身の型式判定 [69.須恵器の型式をAIで判定する]

Z365.杯身の測定箇所.png坏身の型式別形態変化を前節では、“立上り/器高”だけと捉えたが、一つの型式の形態のバラツキは大きく、また前後の型式の形態と重なっており、“立上り/器高”のガウス曲線一つでは、須恵器の型式を判定することが出来ないと考えた。そこで、杯身の図面(Z365)から“器高/外径(CH/OD)”、“立上り/器高(KH/CH)”、“立上り/外径(KH/OD)”、“立上り角度(Angle)のデータを導きだし、4つのガウス曲線(Z366)を用いて、杯身の型式を判定が出来るようにした。全ての要素を○/○と比で表したのは、縮尺の無い図面や、正面から撮った写真からでも、データが採取できるからである。

Z366.坏身ガウス曲線.png

Z367.年代のものさし裏表紙.png

つ博物館の『年代のものさし 陶邑の須恵器』の裏表紙には、Z367のように坏身形態の変遷が描かれている。高台付の坏身の登場は飛鳥時代になってからであり、古墳時代の坏身は5C・6C・7C三つの形態のみである。裏表紙の図面から4要素の値を求め、ガウス曲線に当てはめZ368に、型式の適合を星取表(Z369)にまとめ型式を判定した。星取表から、5世紀のものはⅠ-2(TK216)に、6世紀のものはⅡ-1(MT15)あるいはⅡ-2(TK10)に、7世紀のものはⅡ-6(TK217古)に比定することが出来た。

 

Z368.年代のものさし型式判定.png


Z370.坏身の型式比較.png『年代のものさし』の裏表紙にある坏身図面と、中村氏の『和泉陶邑窯出土須恵器の型式編年』にある型式別の図面とを照らし合わせると、Ⅰ-2型式はTK395号窯、Ⅱ-1型式はTG38号窯、Ⅱ-2型式はTG44号窯、Ⅱ-6型式はTG206号窯の坏身の形態がほぼ同じであった。両者の図面を、外径を合わせて重ね合わせると、Z370のようにピッタリ一致している。これらは、AIが導き出したガウス曲線による坏身の型式判定が、有効であることを物語っている。


nice!(2)  コメント(0) 

69-4.AIによる“はそう”の型式判定 [69.須恵器の型式をAIで判定する]

Z371.はそう測定箇所.png堺市・和泉市にまたがる泉北丘陵の陶邑窯跡群の中で最古の窯跡は、最も平地に近い窯跡であるTK73(Ⅰ-1後)窯と考えられていた。しかし、1986年にTK73窯から石津川を挟んで西1Kmにある大庭寺遺跡が発掘調査され、TK232(Ⅰ-1前)窯跡が陶邑で最古の須恵器窯跡と考えられるようになった。TK232窯とTK73窯から出土する須恵器の器種の違いは、高坏・はそうは両者から出土するが、須恵器の中で最も一般的に使用された坏がTK232窯からは出土していないことである。本節では、須恵器の生産当初からあったはそうについて、AIによる型式判定を行ってみる。はそうの測定箇所はZ371に示した通りで、ガウス曲線を描いた指標は、口径/胴径(MD/BD)、頸径/胴径(ND/BD)、頸長/胴長(NH/BH)、頸径/全長(ND/TH)である。Z372にはそうの型式別形態ガウス曲線を示す。

 

Z372.はそうガウス曲線.png

Z373.布留遺跡出土

古墳時代前期の土師器として有名な布留式土器が始めて出土した天理市の布留遺跡の豊井地区(石上神宮北側)から初期の須恵器が出土し、その中に陶邑Ⅰ-1~2段階に相当するはそうが3点(Z373)あった。これらの指標をはそうの型式別形態ガウス曲線に黒線(Z374)で描いた。これらより、布留遺跡の豊井地区出土のはそうの型式は、Hen-No1~2(
左上1-4,右上1-3,左下1-6,右下1-2)でTK232又はTK73(Ⅰ-1前・後)と判定することができ、学者の判定をより狭く絞り込んでいる。

Z374.

 

Z375-1.TK208はそう.png大阪府和泉市のいずみの国歴史館では、令和元年度夏季特別展「“須恵器2”―泉北丘陵窯跡群の軌跡―」を開催した。この時のポスターにTK208窯出土のはそうの写真(Z375-1)があった。TK208窯は、考古学者の多くが須恵器の型式の同定に用いている田辺昭三氏の編年の標式窯である。このはそうの資料は平安高校が所蔵のものであった。何故、京都の高校が泉北丘陵窯跡群の須恵器を所蔵しているのか不思議に思えたので調べてみると、須恵器の編年で有名な田辺昭三氏が同校で教鞭を採っておられたことを知り納得できた。

 

私がガウス曲線を描くために用いた須恵器の図面は、中村浩氏が著作および編纂した本から引用している。同氏の本には田辺昭三氏の編年の標式窯の須恵器の図面は、初期のTG232窯・TK73窯以外は載っていない。そこで、いずみの国歴史館のポスターにあったTK208窯出土のはそうの写真より各部位の座標を取り、ガウス曲線によるはそうの型式判定が正確か検証した。Z374の赤線の結果はHen-No3または4(4-6,3-4,1-6,1-3)で、TK216(Ⅰ-2)またはTK208(Ⅰ-3)となり、TK208に絞れなかった。これらは形状が似ているのであろう。

Z375,はそうMT15.jpg
田辺昭三氏著作の『須恵器大成』には、MT15号窯から出土したはそう(Z375-2)の写真が掲載されてあった。この写真から得た指標がZ374の青線であり、Hen-No7(7-12,6-7,6-7,6-7)で、4図共に満足されるのはHen-No7のMT15(Ⅱ-1)で、田辺氏の編年と一致している。ガウス曲線によるはそうの型式判定は正確であった。


nice!(2)  コメント(0) 

69-5.AIによる高坏の型式判定 [69.須恵器の型式をAIで判定する]

Z376.無蓋高坏の測定箇所.png高坏は須恵器が作られ始めた当初のTK232(Ⅰ-1前)の時代から登場している器種である。高坏は蓋が付かない無蓋高坏と蓋が付く有蓋高坏の2種類がある。そして夫々が、脚部の長さの長脚・短脚と脚部の透かし窓の有・無で4タイプに分かれる。高坏の脚の長さは時代と共に長くなるが、短脚(坏長/脚長>0.9)で透窓無の高坏は長脚の時代にも共存している。そのため、AIでの高坏の型式判定においては、この短脚・透窓無の高坏は排除している。

 

無蓋高坏の測定箇所はZ376に示した通りで、ガウス曲線を描いた指標は、口径/全長(MD/TH)、坏長/脚長(CH/LH)、頸径/足径(ND/FD)、足径/脚長(FD/LH)である。Z377に無蓋高坏の型式別形態ガウス曲線を示す。有蓋高坏の坏部は坏身と同じ指標で、脚部は無蓋高坏の脚部と同じ指標であり、ガウス曲線は、立上り/坏長(KH/CH) 立上り/外径(KH/OD)、坏長/脚長(CH/LH)、足径/脚長(FD/LH)としてZ378に示した。

 

377.無蓋高坏ガウス曲線.png
Z378.有蓋高坏ガウス曲線.png


前方後円墳が終焉を向かえるのは、須恵器の型式がTK209(Ⅱ-5)の時代である。古墳時代が終わり飛鳥時代に入ると円墳・方墳を中心とした古墳が作られ終末期古墳と呼ばれている。その先駆けとなったのが都塚古墳で、欽明31年(570年)に亡くなった蘇我稲目の墓でないかと考えられている。都塚古墳は一辺が約40mの方墳で、階段ピラミッド状の形をしている。その頃から、大阪府河南町の平石谷に三基の大型方墳、シシヨツカ古墳・アカハゲ古墳・ツカマリ古墳が造られている。。三基とも埋葬施設は花崗岩の切石で造られた横口式石槨で、棺は高級な漆塗籠棺であった。大阪府教育委員会の上林四郎氏は、この地が大伴氏の勢力範囲であることとして、この三基の大型方墳を大伴金村の子孫の墓としている。

 

三基の中で最も古いのがシシヨツカ古墳で、後期古墳から終末期古墳への過渡期に築造された古墳と考えられている。私は、「61.後期古墳・終末期古墳の被葬者を比定する」で、シシヨツカ古墳は大伴金村の息子の狭手彦の墓であると論証した。『日本書紀』欽明23年(562年)には、大伴狭手彦は数万の兵を率いて高麗(高句麗)を撃破し、勝ちに乗じて宮殿に入って珍宝・財貨などを奪い帰還し、七織帳を天皇に献上し、甲・金飾刀・銅鏤鐘・五色幡と美女媛・従女吾太子を蘇我稲目大臣に送っている。蘇我稲目は美女媛の影響を受け、高句麗のピラミット形の陵墓を造り、大伴狭手彦もその影響を受け、方形の陵墓を造ったと想像する。Z379.シシヨツカ古墳高坏.png

 

シシヨツカ古墳からは、須恵器甕に納められた4個の無蓋高坏(Z379)が出土している。高坏の型式はTK43(Ⅱ-4)とあった。この無蓋高坏の型式を、ガウス曲線を使って判定(Z380)すると、No10(左上9-10,右上10-12,左下9-11,右下9-10)となり、無蓋高坏の型式はTK43(Ⅱ-4)で、研究者の見解と一致している。TK43の年代は560~589年である。

 

Z380.無蓋高坏型式判定.png

大伴狭手彦は宣化2年(537年)に任那に派遣され、欽明23年(562年)には高麗(高句麗)を撃破し帰還している。これからすると宣化2年に30歳だったとすれば、欽明23年は55歳であったことになる。大伴狭手彦が70歳までに亡くなり、シシヨツカ古墳に葬られたとするならば、TK43の須恵器が副葬されても齟齬はない。


nice!(2)  コメント(0) 

69-6.雄略天皇は景行天皇陵に参拝したか? [69.須恵器の型式をAIで判定する]

天理市にある景行天皇陵(渋谷向山古墳)の前方部墳丘頂に据えられていた円筒埴輪の中から、須恵器のはそうが出土している。宮内庁の『書陵部紀要 第22号』(1970年)の「景行天皇陵出土の須恵はそう」には、口縁部が未修復であるはそうの写真が掲載されていた。現在、宮内庁のHPには完璧に修復された景行天皇陵出土のはそうの写真が公開されている。このはそうの写真をパソコンのペイントにコピーして各部の座標をデータとして取り込んだ。写真は少し斜め上から撮影されているが、側面の座標で読むかぎり、頸径と胴長の比は実寸の比とほぼ同じであり、はそうの写真から得た座標をもとに型式を判定することが出来た。Z381の赤線が示すようにNo6に近いNo5(左上5-6,右上5-7,左下1-6,右下5)のTK23(-)と判定出来る。

 

Z381.

Z382.景行天皇陵はそう.pngZ381にある青線は、三重県松坂市の常光坊谷4号から出土したはそうで、No5またはNo6(5-6,6-7,1-6,5)と判定した。No5はTK23(-)で、No6はTK47(-)である。『古墳出土須恵器集成 第1巻』では常光坊谷4号のはそうの型式はTK47とあった。TK23の年代は460~489年、TK47は470~499年で、両型式は年代がオーバーラップしており形状が良く似ているのであろう。景行天皇陵のはそうの写真の上に、常光坊谷4号のはそうの図面を重ねあわせると、Z382のように両者の形状がピッタリ一致した。

    

景行天皇陵のはそうの型式をTK23(-)とすると、その年代は雄略天皇(464~486年)の時代と重なる。『宋書』倭国伝に記載された倭の五王の武は、雄略天皇であると考えられているが、478年に朝貢した武は上表文の中で「昔からわが先祖は、みずから甲冑をつらぬき、山川を跋渉し、安んずる日もなく、東は毛人を征すること55国、西は衆夷を服すること66国、北のかた海を渡って平らげること95国に及び、巨大な一国家をつくりあげました。」とある。日本武尊を遣わして蝦夷・熊襲の征伐を行った景行天皇の陵墓で、雄略天皇が先祖を崇める祭祀を行ったとしても不思議ではない。


nice!(2)  コメント(0) 

69-7.ワタカケル大王の時代の須恵器型式 [69.須恵器の型式をAIで判定する]

雄略天皇の和名は『古事記』には「大長谷若建命」、『日本書紀』には「大泊瀬幼武尊」とあり、「おおはつせわかたけるのみこと」である。埼玉県行田市の稲荷山古墳から出土した鉄剣の金象嵌、熊本県玉名郡の江田船山古墳から出土した鉄剣の銀象嵌には「獲加多支鹵大王」の銘があり「ワカタケル大王」と読めることから、雄略天皇を指していると考えられている。特に稲荷山古墳から出土した金象嵌鉄剣には「辛亥の年7月中に記す」とあり、辛亥の年は471年と考えられている。

 

Z383.稲荷山古墳須恵器.jpg稲荷山古墳からは、須恵器の坏蓋・有蓋高坏・はそう(Z383)が出土している。有蓋高坏の内で透窓がある8個の型式判定を行った。これらは個別の判定を行うのではなく、8個の測定値から平均値と標準偏差(σ)を算出し、“平均値±1σ”の値から、その範囲を満足する型式を抽出した。Z384の黄色の範囲で、有蓋高坏の型式はNo4~5(左上4-6,右上4-6,左下4-5,右下4-5)の範囲しか絞り込めなかった。はそうの型式はZ385に示すようにNo5(5-7,5-7,1-6,5)であった。したがって、稲荷山古墳の須恵器の年代はNo5のTK23(Ⅰ-4)と判定できる。TK23は460~489年であり、辛亥の年471年を満足している。なお、学者は稲荷山古墳の須恵器の型式をTK43(Ⅰ-5)と判定しており、ガウス曲線の判定と違っている。これは前節で述べたように、TK23とTK47は年代がオーバーラップしており形状が良く似ているためである。

 

Z384-385.稲荷山型式判定.png


Z386.埴輪・須恵器編年表.png有蓋高坏・はそうのガウス曲線の4図を見て気付くことは、何れの図も変曲点がNo5のTK23、No6のTK43にあることだ。このことは無蓋高坏・坏身にも起っている。Z386に見られるように須恵器のTK23・TK47の時代は、円筒埴輪がⅣ式期からⅤ式期に変わり、古墳時代が中期から後期に代わった時期である。古墳後期の特徴は、何んと言っても横穴式石室の登場である。須恵器の形態の変遷をあらわすガウス曲線は時代の大きな流れを的確に捉えている。


nice!(2)  コメント(0) 

69-8.市尾墓山古墳は畿内型横穴式石室の初現か? [69.須恵器の型式をAIで判定する]

近藤義郎編『前方後円墳集成』(1992年、山川出版社)という本がある。全6巻に全国5200余基の前方後円()墳の調査資料を集大成してあり、古墳研究者にとってはバイブルの本である。この本では全国的規模での前方後円墳の横並びの関係をつかむために、広瀬和雄氏が作成した「畿内における前方後円墳の編年基準」を共通の編年基準として、古墳時代を10期に区分することを採用している。この編年基準では、川西宏幸氏の円筒埴輪編年と田辺昭三氏の須恵器編年を基本として、その他の要素を加えて編年基準が作成されている。この編年基準は「集成編年」として、研究者の間でもっぱら用いられている。Z387.市尾墓山石室.png

古墳後期の始まりについては、集成編年9期からとしている学者も多い。集成編年9期の定義は「円筒埴輪のⅤ式。MT15・TK10型式。鉄製輪鐙・心葉形杏葉・楕円形杏葉・鐘形杏葉・半球形雲珠や竜鳳環頭大刀が出現する。横穴式石室が普及する。」とある。横穴式石室は畿内型横穴式石室のことである。横穴式石室の初現は、奈良県高取町にある墳長70mの前方後円墳の市尾墓山古墳であり、横穴式石室(Z387)は奥行5.9x幅2.5x高さ2.9mで自然石を小さな持ち送りで8~10段積み上げ、天井石5枚で覆っている。片袖型の横穴式石室で3.6x1.8x1.7mの羨道を持つ。玄室内部には刳抜式の家形石棺が一基を安置されている。円筒埴輪はⅤ式、須恵器はMT15とTK10の二つの意見に分かれている。

 

Z388.市尾墓山須恵器.png市尾墓山古墳の石室からは、坏身4点・坏蓋3点・はそう2点・無蓋高坏5点・器台2点・広口壺2点・短頸壺1点・同蓋2点が出土している。その一部の図面(Z388)で、ガウス曲線による型式判定(黒線)をおこなった。はそう(Z389)はNo8(左上8-12,右上4-8,左下7-8,右下7-8)、坏身(Z390)はNo7~8(6-8,7-10,7-9,6-9)、無蓋高坏(Z391)はNo8~9(8-11,8-9,8-9,8-11)である。市尾墓山古墳は追葬が無いとされているので、須恵器の型式はNo8のTK10(Ⅱ-2)と判定できる。TK10の年代は520~549年であり、市尾墓山古墳が畿内型横穴式石室の初現ではないように思える。

 

Z389.
Z390-391.坏 市尾墓山.png


Z392.宇治二子塚天井石.png私は古墳時代の始まりを、円筒埴輪Ⅴ式・須恵器TK23・TK47の集成編年8期からと考えている。そして、畿内型横穴式石室の初現は、京都府宇治市にある墳長約112mの前方後円墳である宇治二子塚古墳であると思っている。宇治二子塚古墳の円筒埴輪はⅣとⅤ式、須恵器はTK23またはTK47である。石室は大正時代に取り壊されており、隣接する西方寺の裏庭にある巨石(高さ3
.2x幅2.8m)は、古墳破壊の時にその天井石の一石をここに運び庭石としたと言われている。昭和62年から行われた発掘調査では、後円部中央に東西16x南北8x深さ4.3mの巨大で堅牢な基礎を発掘している。市尾墓山古墳にも、同様の基礎があることが確認されており、宇治二子塚古墳の横穴式石室の存在は確実なものとなっている。須恵器の型式の判定を行いたいが、残念ながらその資料は入手できない。


nice!(2)  コメント(0) 
69.須恵器の型式をAIで判定する ブログトップ