SSブログ

68-6.河内大塚古墳は未完成の雄略天皇陵 [68.記紀は史実に基づいて天皇陵を定めている]

Z351.天皇在位と墳丘長.png私は、十河良和氏の河内大塚古墳が未完成の古墳であることは賛同するが、その年代が6世紀中頃で安閑天皇の御陵として造られたということには賛同できない。古墳規模が全国第5位の河内大塚古墳が、前方後円墳を陵墓とする天皇の中で最も短い在位2年の安閑天皇の陵墓であるという説は、全く納得が出来ない。在位年数と古墳規模は全く関係ないと考えているのだろうか。表Z351が示すように、在位が長い天皇陵の規模が大きく、在位の短い天皇陵の規模は小さいことから、天皇陵の築造は寿陵であったことが分かる。なお、Z351の天皇陵は、仲哀陵を津堂城山古墳、雄略陵は河内大塚古墳、仁賢陵を岡ミサンザイ古墳、継体陵を今城塚古墳、宣化陵を平田梅山古墳、欽明陵を見瀬丸山古墳にしている。

 

河内大塚古墳は後円部の盛土がほぼ出来上がり前方後円墳の形も整っているにも関わらず、前方部の盛り土がなく周濠も浅いことから、寿陵築造のシステムが分かる。天皇が即位すると、墓所を選び後円部の築造を始める。天皇が崩御されると後円部の大きさに釣り合った墳形を決め、周濠を掘りながら前方部の盛り土を行う。基本的には、在位年数が長いほど古墳の規模は大きくなるが、在位年数が少ない場合は、天皇崩御後に後円部の盛り土も行い一定の規模は確保する。在位年数と古墳規模は概ね比例すると思う。

 

未完成の河内大塚古墳が雄略天皇の陵墓として造られたことを証明する記事が『書紀』『古事記』に記載されている。『書紀』によると、雄略天皇が崩御すると第3子であった清寧天皇が即位した。清寧2年、播磨国司の伊予久目部小楯が明石で、雄略天皇に謀殺された従兄弟の市辺押磐皇子の子供の億計と弘計を発見した。清寧天皇は子供が無かったので宮中に引取り、億計を皇太子とし弘計を皇子とした。清寧5年、清寧天皇が亡くなると、弟の弘計は兄の皇太子であった億計(後の仁賢天皇)から天皇の座を譲られ顕宗天皇に即位した。

 

顕宗2年、顕宗天皇は億計皇太子に「わが父王は罪なくして雄略天皇に殺され、屍を野良に捨てられた。仕返しに雄略天皇の墓を壊し、遺骨を砕いて投げ散らしたい。」と言われた。皇太子は「雄略天皇は天下を照臨され、都・田舎の人はみな喜び仰いだ。私たち兄弟は清寧天皇から厚い寵愛と深い恩を受けた。雄略天皇は清寧天皇の父である。陵を壊したりすれば、祖霊に仕えることも出来ないし、天下に臨み人民を子とすることも出来ない」と諫めた。そこで、民を使役することをやめられたとある。

 

雄略天皇は丹比高鷲の地を陵墓の地と定め、陵として後円部の築造を行っていた。雄略天皇が亡くなると清寧天皇は、立派な御陵を造ろうと、前方後円墳の形を決め、周濠を掘って前方部の盛り土を始めた。清寧天皇は在位5年で崩御されたときは、雄略天皇の御陵は未完成であった。その後の顕宗天皇は、雄略天皇への恨みもあって、民を使役し陵墓を完成させることも、埴輪を立てることもしなかった。

 

こう考えると、河内大塚古墳が雄略天皇陵であり、古墳規模が全国第5位であるにもかかわらず、未完成であるこが理解できる。「縮900年表」では、第21代の雄略天皇は在位23年で没年は486年である。私の遺構・遺物の「箸墓260編年」では古墳後期の始まる横穴式石室の登場は470年からであり、河内大塚古墳にある「ごぼ石」が横穴式石室の天井石があったとしても雄略天皇陵と言える。


nice!(2)  コメント(0) 

68-7.大仙古墳はなぜ仁徳天皇陵と認められないのか? [68.記紀は史実に基づいて天皇陵を定めている]

Z351.天皇在位と墳丘長.png百舌鳥古墳群には全国第一位の規模を誇る墳長486mの前方後円墳の大仙古墳がある。記紀は仁徳天皇の御陵は百舌鳥野にあると記し、宮内庁は大仙古墳を仁徳天皇陵に治定している。「縮900年表」では、仁徳天皇(381年〜431年)の在位は51年間で、古墳時代の天皇(崇神天皇〜欽明天皇)の中では最長である。Z351が示すように、在位年数と古墳規模は概ね関係があり、在位が長い天皇陵の規模が大きく、在位の短い天皇陵の規模は小さいことが分かる。なお、これまでに見直した天皇陵は、仲哀陵を津堂城山古墳、雄略陵は河内大塚古墳、仁賢陵を岡ミサンザイ古墳、継体陵を今城塚古墳、宣化陵を平田梅山古墳、欽明陵を見瀬丸山古墳にしている。『日本書紀』から編年した在位年数からしても、百舌鳥古墳群で最大規模の大仙古墳は仁徳天皇陵と言える。

 

中国の史書『宋書』倭国伝では、倭の五王の讃は421年・425年に遣使を行っており、そして珍が朝献した438年には讃は亡くなっている。このことから、讃が亡くなったのは425〜438年の間であることが分かる。讃が仁徳天皇であることは通説となっている。一方、大仙古墳の造出から出土した須恵器の大甕の型式はON46で、「箸墓260編年」では430年〜449年となる。大仙古墳の考古学上の築造年代と、『宋書』倭国伝に書かれた倭国王讃の崩じた年代、「縮900年表」による仁徳天皇の崩御の年は一致しており、大仙古墳を仁徳天皇陵に比定出来る。

 

それでも歴史研究者から「仁徳天皇陵古墳は仁徳天皇の墓とはいえない。」との異論が上がってくるのは何故であろうか。大仙古墳が仁徳天皇陵であることを確定するためには、記紀が百舌鳥耳原にあると記している履中天皇陵と反正天皇陵が確定されなければならないと考える。宮内庁は履中天皇陵を全国3位(墳長365m)の百舌鳥陵山古墳(石津ミサンザイ古墳)に治定し、反正天皇陵を全国73位(墳長148m)の田出井山古墳に治定している。履中天皇陵が百舌鳥陵山古墳であることに疑問を抱かなかった昭和の末までは、田出井山古墳は天皇陵としては規模が小さいと、百舌鳥古墳群の全国8位(墳長288m)の土師ニサンザイ古墳(ニサンザイ古墳)を反正天皇陵に比定する伝承や学者の説があった。宮内庁もニサンザイ古墳を反正天皇陵の陵墓参考地にしている。

 

1980年(昭和55年)代に川西宏幸氏が円筒埴輪(含む朝顔形埴輪)の型式を層別して古墳の年代を推定する指標を発表し、履中天皇陵に治定されている百舌鳥陵山古墳の埴輪型式がⅢ式、仁徳天皇陵に治定されている大仙古墳の埴輪型式がⅣ式であることが分かった。因みに、古市古墳群にある応神天皇陵に治定されている誉田御廟山古墳(墳丘420m:全国2位)の埴輪型式はⅣ式である。履中天皇の御陵が父親の仁徳天皇陵(大仙古墳)、祖父の応神天皇陵(誉田御廟山古墳)よりも古い古墳であることが分り、履中天皇陵を百舌鳥陵山古墳に治定することが、考古学的に否定された。

 

Z352は百舌鳥古墳群にある大形前方後円墳について、築造年代の古い順番に並べている。この順番は『仁徳陵築造』(堺市博物館、2009年)に記載されたものを採用した。百舌鳥古墳群には埴輪型式が大仙古墳と同じⅣ式である大型古墳が5基ある。これらは須恵器の型式で層別され、大仙古墳より新しい古墳は田出井山古墳とニサンザイ古墳の二基のみである。堺市博物館の編年に従えば、田出井山古墳が履中天皇陵、ニサンザイ古墳が反正天皇陵となる。

 

Z352.百舌鳥古墳群.png

ニサンザイ古墳は墳長が290mで、全国第8位の規模の古墳である。反正天皇の在位は、『古事記』『日本書紀』共に5年である。全国第8位の規模の古墳が、在位5年の反正天皇の御陵であるとなると、在位年数と古墳規模(墳丘長)が関係しているとの考えは否定され、大仙古墳が仁徳天皇陵と言える大きな根拠が無くなってしまう。考古学者が未だに「仁徳天皇陵古墳は仁徳天皇の墓とはいえない。」としているのも、こんな所に原因があるのかも知れない。反正天皇の兄の履中天皇の在位は6年で、たとえニサンザイ古墳が履中天皇の御陵であったとしても、それは同じである。


nice!(2)  コメント(0)