SSブログ

3-3.末盧国から伊都国への陸行 [3.邪馬台国を解く]

末盧国の次は伊都国、魏志倭人伝に云う「東南陸行五百里にして、伊都国に到る」。そして「東南奴国に至る百里」の奴国へと続く。この伊都国と奴国について、伊都国が現在の福岡県前原市付近、奴国が福岡市付近と諸学説が一致している。いわゆる邪馬台国論争の近畿説・九州説、どちらの説もこの伊都国・奴国の比定は同じである。これらの考えが定説となった根拠は、伊都国と推定された糸島半島の前原市付近が奈良時代より「怡土・イト」と呼ばれ「伊都・イト」と一致したこと。また、「奴・ナ」の国と考えられた福岡市近郊が昔から「那・ナ」の湊と呼ばれ、筑前国那珂郡であった事が上げられている。また、博多湾の志賀島から発見された「漢委奴国王」の金印が、奴国を比定した決め手になっているようだ。 

もちろん考古学から見ても、それらの地域からは、伊都国・奴国に匹敵する遺跡が発掘されている。ただ、これらから出土した鏡は、前漢・後漢時代のものが多く、弥生中期の遺跡であるとされている。伊都国のあったとされる糸島平野にしろ、奴国のあったとされる春日丘陵にしろ、卑弥呼が活躍した三世紀より前の、弥生中期の遺跡が多いのが気になる所であるが、朝鮮半島を経由して中国からの青銅器文化を取り入れた、古代日本の先進文化地域であったことは間違いない。 

図2定説伊都国.jpg
これだけの遺跡、遺物、そして地名の資料が在り、定説となっている伊都国・奴国の比定にも泣きどころがある。それは魏志倭人伝に記載された方向「東南陸行五百里にして、伊都国に到る」、「東南奴国に至る百里」である。末盧国を唐津市近郊とすると、伊都国に特定された糸島半島の前原市は、地図で見ると、「東北」の方角になる。奴国に比定された福岡市近郊は前原市から「東」の方角に当たり、魏志倭人伝に記載された方角と違っている。

 
 末盧国から伊都国に至る泣きどころは方角の問題だけではない。「東南陸行五百里にして、伊都国に到る」。なぜ末盧国から伊都国へ行くのに陸行しなければならないのだろうか。唐津から前原への陸路は、唐津市の虹の松原のはずれの浜玉町の筑肥線浜崎駅から、糸島市二丈深江の筑前深江の間は、唐津街道と言われる国道202号線が海岸ぎりぎりを走り、それにそって筑肥線が走っている。この間は15キロメートルであるが、トンネルがなんと九ヶ所も数えられ、回り道もない陸の難所である。唐津から前原へ船で行くとすれば、航路は松浦半島と糸島半島に囲まれた唐津湾内であり、陸行より安全で速いと思える。 

魏志倭人伝には次の文章がある。「女王より以北には、特に一大率を置き、諸国を検察せしむ。諸国これを畏憚す。常に伊都国に治す。国中において刺史の如きあり。王、使いを遣わして京都・帯方郡・諸韓国に詣り、および郡の倭国に使いするや、皆津に臨みて捜露し、文書・賜遺の物を伝送して女王に詣らしめ、差錯するを得ず」。 「津に臨みて捜露し」。漢和辞典でみると「津」とは「みなと、船着き場」。「捜露」とは「もちものを調べること」となっており、伊都国に港があったのである。文章からすると、女王国から帯方郡に送る(みつ)ぎ物、帯方郡から女王国への賜り物、ここで陸揚げされている。帯方郡からの賜り物が、唐津市付近と想定される末盧国で陸揚げされ、陸送されて前原市付近の伊都国まで運ばれ、そして女王国へと舟積みされる。女王国からの貢ぎ物の場合はその逆が行われる。末盧国と伊都国間の陸送の必然性が全くなく、全く不自然な行動としか言いようがない。 


「方角」「陸行」「津に臨みて捜露し」、どれをとっても、伊都国が糸島半島の前原市付近に比定出来る条件を満足していない。末盧国を唐津市付近とした場合、伊都国が唐津湾東岸の前原市付近だとする関係はありえない様に思える。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ミッキー

釜山あたりから、水平線を見ると、天気が良い日は、対馬がうっすらと見えるそうですから、釜山の海岸から南を見ながら、魏の役人に報告する光景を想像すると、方角の問題はあっさり解決できますよ。
↓想像の会話
倭人が住む土地は、東海の大海原の中にある。行くには、南へ海を渡って1000里(100km)、ほら、あの見える対馬国に着く。そこからさらに南へ1000里。壱岐国に着く。さらに南へ1000里。末盧(まつら)国に着く。
そして、東南方向に伊都国がある(ここで釜山の海岸で、水平線のその方向の向かって、指差す。対馬の左方向を指してる。=東南)。陸行すれば末盧国から500里(50km)くらいだな。さらに東南方向に(指差してた腕を、ちょっと左へずらした)、伊都国から陸行して100里(10km)ぐらいで、奴国がある。大きめの集落だ。奴国から東へ100里(10km)行くと不弥国がある。
by ミッキー (2013-12-19 16:26) 

福島雅彦

*方位は間違っていません。真夏の日の出を東と認識=地図の東より北へ28°30”振れる。

・「末盧國」=呼子港。玄界灘の荒波を漕ぎ渡ってきて、疲労困憊の漕ぎ手は唐津湾へは入りません。

・一番手近の呼子港を目指す。帰路のことも勘案すれば唐津港は不適。

・國皆臨津捜露=漕ぎ渡って来る船が、海流や潮流に流されたり、遭難したりしないか見張る。

・朝鮮通信使の時でさえ、「一支國」を船出したら狼煙で知らせ、黒田藩は相島から漕ぎ手の交代要員と小舟を四十隻も繰り出して出迎えている。
by 福島雅彦 (2020-02-27 13:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0